Mac間でSublime Text 3の設定ファイルを共有

Dropboxを使ってSublime Text 3の設定ファイルを共有するために、シンボリックリンクを貼る。

スポンサーリンク
レクタングル大

共有するファイルを移動

Dropbox内にフォルダを作る

「Sublime Text 3」というフォルダを作る

設定ファイルをDropbox内に作った「Sublime Text 3」フォルダに移動

移動する設定フォルダは「Packages」と「Installed Packages」の2つのフォルダ。各フォルダをDropbox内のSublime Text 3フォルダ内にコピー(複製)。コピーしたら、元フォルダは名前を変えてバックアップ用に保存。(同じ名前のものがあるとシンボリックリンクが貼れないので、「Packgage Backup」や「_Package」など元と違う名前にしておく)

ちなみに上記場所に直接移動するには「Command+Shift+G」で「~/Library/Application Support/Sublime Text 3/」と入力すればOK。

シンボリックリンクを貼る

ターミナルを開く

ターミナルを開いたら、まずはPackagesフォルダのシンボリックリンクを作成。

続いてInstall Packagesも。

半角スペースの前にはバックスラッシュ(Option+¥)を入れる。
前者が設定ファイルがある場所(設定ファイルをコピーした先、この場合はDropbox内)
後者がシンボリックリンクを貼る場所(元々あった場所)

ちなみに、フォルダごとターミナルにドラッグ・アンド・ドロップするとパスが入力されるので楽だし間違いもない。

以上で完了。上記をターミナルで動かしても何の反応もないが、元のフォルダを確認するとアイコンに下記のようなマークがついていることが確認できる。

シンボリックリンク

以上で完了。シンボリックリンクは、MacのフォントファイルやMAMPのデータ共有にも使えるので、必要に応じて試してみてはいかがでしょうか?

関連書籍

爆速コーディングにはSublime Text!

とにかくおすすめ。使いやすいのですぐに慣れます。

CSS設計は制作者ならできて当たり前の時代

制作会社からコーディングの受託を受けるなら勉強しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA