Dropboxを利用して、複数のMac間でMAMPを共有する

先にiMac、後からMacBook Proを買った40webdesignerです。iMacの制作環境は整っているのですが、MacBook Proも同レベルにしたい!

先にMacBook Proを買っていれば、MacBook Proをメイン機とし、キーボードとマウスとモニターを外付けすることでMacBook Pro1台ですべてをまかなえたのですけどね…。フリーランスで仕事をしている場合、仕事場が自宅(またはオフィス)だけとは限りません。また、最近はコワーキングスペースやカフェで仕事をすることも。

そんなわけで、ただいまMacBook Proの整備中。今回はDropboxを利用して、Mac間でMAMPを共有する設定をしたので備忘録も兼ねて!

スポンサーリンク
レクタングル大

Dropboxに共有用のフォルダを作成

  • Dropboxフォルダ内に「MAMP」フォルダを作成。
  • 作ったMAMPフォルダ内に「htdocs」「db」フォルダをそれぞれ作成

Dropbox
|–MAMP
|–htdocs
|–db

MAMP内に作ったhtdocsとdbフォルダ

MAMPのドキュメントルートを変更する

MAMPのドキュメントルートは、デフォルトではアプリケーションフォルダ > MAMP > htdocsになっていますが、これを上記で作ったDropbox内のhtdocsフォルダに変更します。

  • MAMPを立ち上げる
  • 設定…をクリック
  • Webサーバタブをクリック
  • ドキュメントのルート項目のフォルダアイコンをクリックしてDropbox内のhtdocsフォルダを指定

MAMP

MAMP

MAMPのデータベースを共有

これはシンボリックリンクで共有します。

  • アプリケーションフォルダ > MAMP内にあるdbフォルダの中身を、Dropbox内に作ったdbフォルダにコピー
  • アプリケーションフォルダ内のdbフォルダをリネーム(db_bkupなど)
  • シンボリックリンクを作成します。ターミナルを開いて、下記を入力してリターンキーを押します。ユーザーフォルダ名は置き換えてください。Finderから該当フォルダをドラッグ・アンド・ドロップしてもOKです。

すると、アプリケーション側にこのようなフォルダができます。

シンボリックリンク

アプリケーション側にできたシンボリックリンク

ln -s [A] [B]だとすると、実態はAにあり、AのシンボリックリンクをBに作成するということになります。

今回の場合、実態はDropboxにあることになりますね。もう一方のPC(私の場合はiMac)も設定すればMac間でファイルとデータベースの共有が可能になります。

あとがき

これでMacBook Proからもローカル環境でWordPressなどの開発ができます。ちなみに、有料のアプリケーションはたいてい共有ができるようになっています。ライセンスコードをきちんと管理しておきましょうね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. takao minamdiate より:

    非常にわかりやすい解説で助かりました!ありがとうございます。シンボリックリンクのターミナルコマンド、「Applications」が「Applicatons」になっています!これを読む人ならつまずくこともないかと思いますが、念のため。本当にありがとうございました。

    • 40webdesigner より:

      返信遅くなりすみません! お役に立てて嬉しく思います! 
      記述ミスのご指摘もありがとうございました! 
      修正しました〜!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA