40webdesignerについて

スポンサーリンク
ビッグバナー

40webdesignerの名前の由来

たいした意味はないんですが、39才でWEBデザインの勉強をはじめて、40才でWEBデザイナーとして独立したので、40webdesignerにしてみました!

40代からWEB業界?

本当は、webが世の中に出てきたころ(私の中では1995年ごろ)から興味があったんです。パソコンひとつで世界中の情報が得られる!と、ネットサーフィンにはまりました。そしてブログが流行りはじめたときにブログを始め、そのブログをカスタマイズしたくてHTMLとCSSというものに触れ、、、。

ただ、当時はまったく違うお仕事をしていて収入面で安定していたことと、センスが問われる世界に躊躇があったことなどから、興味はあるのにその方向へ進むことはためらっていました。センスというか、絵が描けないとだめだと思っていたのです、笑。

紆余曲折あって田舎暮らしを始めたのですが、田舎って自営業の人が多いんです。移住者も高いスキルを武器に移住してくる。そして、おもしろいことを始めるんです。そういうのを見ていたら私もやっぱり手に職をつけたーい!と。そう思った時にふと思い出したのがWEB制作を学ぶことでした。

新しいことを始めるにあたって年齢を気にするタイプではないですが、そうは言っても体力が落ちてきているし、手に職と言っても稼げるようになるかどうかは未知数。勉強は正直大変でしたが、危機感がある分、かなり本気出しました。

正直不安もありましたが、就職活動しているときに「デザイナーは生来のセンスが必要だけど、コーダーはポテンシャル高い人なら育てられる」と、最終面接までいった会社の方に言われたのを勝手に自信に変えて、今もフリーランスWEBデザイナーとして活動を続けています。

いきなり独立?

WEBデザイナー養成校在籍中に就職先を探しましたが、家から東京までの通勤時間が2時間超え。うちには愛犬がいて長時間の留守番はかわいそうだし、電車での長距離移動も少し苦手。と、色々と悩んでいたら、友人知人が色々と助けてくれました。人との繋がりは本当に大事です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加